2017年02月26日

「B'zephyr」再開。

あのnikkaさんが戻ってきます。
B'z、稲葉浩志の歌詞考察ブログ、「B'zephyr」が再開されました!!

何かを始めるかもしれないということをnikkaさんから聞いたのはつい最近で、私ははやる気持ちをおさえながら「応援します!」とけしかけて(?)おりました。
そしてツイッターでのB'zephyr再開のつぶやき。
nikkaさんのツイッターはこちら↓です。
https://twitter.com/b_zephyr_178
いやぁ、嬉しいっすなぁ。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。
嬉し泣きですよもう。

私、稲葉さんの歌詞が大好きなくせに、飲みこむまでに時間がかかるんですよね。
自分の日常と照らし合わせて心当たりを探して初めて心の奥深くまで刺さるということも多くて。
歌のうまさに気を取られて意味や思いを十分に理解できていない気がします。
でも、B'zephyrの歌詞分析を読むと、自分でよく分かっていなかったところの意味が分かったり、稲葉さんの思いが分かるようなこともあったりして、もっともっと稲葉さんを好きになりました。

2/26の「再開します。」の記事に私のことも書いてくれているのですが、nikkaさんとは、AISHI-AISAREふうに言うのなら、お互いに見守り、見守られ、さらけ出し、さらけ出されな感じでかなり長い間良い関係を続けてきました。
長い間というのは、たぶん10年以上12年未満な感じです。
もうね、あんまり長いと正確な年数とかわかんなくなっちゃうんですよね。


この狭いようで広いネットの世界の中で、nikkaさんと私は、お互いがお互いを知っていたのに最初はアクションを起こしていませんでした。
だから、相手が自分を知っているということを知らなくて、でも実はお互いに知っていたことが分かった時の感動は忘れられません。
この前、昔のことを思い出していた時に、「確かnikkaさんから私のblogにコメントをもらったのがきっかけで、私の中で有名人だったから小躍りした」とか言っていたんですけど、違っていたようです。
今回、nikkaさんがリンクしてくれた2008年02月23日の「B'zephyrの閉鎖。」の記事を読んでいたら、2005年5月にB'zephyrのblogにコメントを入れたらnikkaさんは既に私のblogを知っていたそうでしこたまびっくりして1人で大騒ぎした、と自分で書いていました。
逆だったw
忘れられない感動はどうしたw
いやー、私、典型的なROM体質で人見知りで、すごく気になっていても興味津々でも、なかなか自分からアクションを起こせないんですよね。
だからnikkaさんの時も自分からアクションを起こすはずがないと思い込んでいたようです。
記憶なんてこんなもんですよ。
あはは。
ROMだったのに自分の存在を知ってくれていたことに感動したことが大事だから、細かいことはどうでもいいや。

世の中の人は、今目の前にいる大事な人との出会いやどうやって仲良くなっていったのかを、きっちりはっきりと覚えているんだろうか?
私は結構早く忘れちゃうんだろうな。
大事な人じゃないとさらに忘れます。
相手が覚えていても忘れます。
だからこっちは「初めまして」でも「久しぶり。前に●●さんの披露宴で同じテーブルだったけど覚えていない?」と言われて真っ青になったとかの忘れんぼエピソードなんてこれまでの人生でいっぱいあります。
イカサマヤロウなので、適当に話を合わせて苦しい嘘をつくこともあります。
ちょっと前ですが、とある場所で宅急便のドライバーさんに「お久しぶりです」と声をかけれられて「はっ?!」と思ったら「以前●●にいましたよね」と昔の勤務地を言われて、全然記憶になかったんですが「この人は間違いなく私を知っている」と思って「あぁ…、あぁっ、お久しぶりです!」とか話を合わせてしまいましたよ。
逆に大昔、知り合いでもないお兄さんからさも知り合いみたいな感じで声をかけられて車に乗っちゃったら体を触られたというおっそろしい出来事もあったので(奇跡的に殺されずに生還したけど警戒心を持てよ私…)、これからは金品目当ての詐欺とかに引っかからないように気をつけたいと思います。
こんな記憶力悪い自慢をしてもしょうがないんですけど。


私の大好きな清掃員新津春子さんは、「世界一清潔な空港の清掃人」という本の中で「写真を撮るのは、覚えておくためではなく、忘れるためです」と言っています。
最初はすごい考え方だなーって思ったんですけど。
今前に進みたい、楽しいことに全力で向き合いたいから、後ろを向かないようにしているということらしく、妙に納得しました。
私が自分の気持ちを全部吐き出して文章に残しておきたがるのも、よく考えたら前に進むためかもしれません。
書くとすっきりして次に向かえるので。
書き足りないとぐるぐるしちゃうかな。
忘れないためっていうのと忘れるためっていうのは紙一重ですね。
とりあえず、私が忘れっぽいのは前に進もうとしているからということで開き直ろうと思います。


あっ、そうそう、B'zephyrについての記事なのに自分のことになりますが、稲葉浩志中毒、2/17にblog開設12年を迎えておりました。
2005年の時から読み続けてくれている人はあまりいないと思いますが(でも先ほどツイッターで2005年から読んでいましたという方がいらしてとても嬉しかったです)、途中からでも読んで下さっている方、本当にありがとうございます。

昔の記事は非公開にしてあるものも結構あるのですが、開設当初は毎日のように更新していて、稲葉浩志中毒なんだかblog中毒なんだか自分でもよく分からなくなっていましたが、今思うとあれはかなりのblog中毒でした。
コメントをもらえるのも嬉しくて、でもだんだん数が増えていくと記事を書く時間とコメント返信に費やす時間が同じくらいになっていって記事が書けないこともありましたが、生活を食いつぶされるOVERDRIVEな感じがまた楽しかったりして。
ぶっちゃけ、私自身がblogをほとんど読み返さないので、12年前に何を書いていたのかほとんど覚えていません。
今も同じことが書いてあるとしたら、それは私の中でよっぽど大切なことなんだろうなと思います。
大事なことは重複しようがあえて何回も書くことはありますが。
稲葉さん大好きとか歌が上手いとかストイックとか。

ちなみに9年前の「B'zephyrの閉鎖。」の記事に「nikkaさんの歌詞分析のおかげで、曲を聴いた時により深く色々なことを感じることができるようになったり、稲葉さんの歌詞や稲葉さん自身を前よりももっともっと好きになりました」と自分で書いていました。
最初に書いたこととほとんど同じだし!
でもほんと、これは強く感じていることだし、B'zephyrに対する思いは9年前と変わっていないということです。
過去の自分が今の状況を知ったらどう思うだろうとかいう妄想をしているところまで同じですな。
ちょっとは成長しろよ自分。


ネット上で不特定多数に向けて発信することは難しい部分もあります。
金を徴収しているわけではないし、自分の好きなことだけ好きなだけ書いていいはずなのに、鍵付の場所で書き散らす場合とやっぱり違います。
内情を公開できないもどかしさとか、嫌なことや困ることもあったし、逆に特に嫌なことがなくても突然怖くなって表に出たくないと思った時期もこの12年の間にはあって、そういう時は自分の気持ちを文章にしてもblogやツイッターには載せませんでした。
期待に応えられないなと思うこともあったかな。

でもやっぱりblogとかツイッターって楽しいこともいろいろあるなーと思います。
自分の感情を全部書き出して、それを表向きな文章に組み立てる作業が楽しいし(その割にはカオスすぎていつも全然まとまっていないですが原型はもっとカオスすぎるので少しだけ推敲はしているのです…)、反応をもらえると単純に嬉しいっと思います。
あとは、私がよくblogを読んでいて気になっている人から反応をもらえると「おおっ」と感激したり。
自分からアクションをほとんど起こさない私は、blogをやっていなかったらその人と交流できる可能性は限りなく0に近いので、そういう時は特にblogをやっていてよかったなと思います。


B'zephyrの再開、本当に嬉しいしこれからが楽しみです。
無理のない範囲でnikkaさんのペースで続けていっていただければと思います。
こっそりひっそり応援します!!

inaba_inaba_k at 22:50│コメント(2)いろいろ 

この記事へのコメント

1. Posted by nikka   2017年02月27日 19:41
toriさんありがとうございます。
昨日お知らせしたばかりなのにこんなに早く記事にしてくださって、驚いています。
やっぱり日ごろから文章を書いていらっしゃるから、すっと書けるんですね。
書くってすごくエネルギーのいることだと思います。

10数年前から、toriさんがこんなふうに私のことを書き続けてきてくださったことにとても感謝しています。
本当にもうもう、もったいないことです。
「自分の日常と照らし合わせて 」というのは、私も同じです。稲葉さんの歌に圧倒されながら生きております。

私のほうから書き込みに行ったっていうのが始まりだと私も記憶していました。
「nikkaさんキターーー」っていう衝撃のお返事をいただいて、こっちも「キターーー」って内心思いました(笑)。
大事なことを忘れがちだし、記憶はいい加減だから、何かに書いておくのって大事ですね。
公開するっていうのは、確かに楽しいことも嫌なこともあるし、ここまで書いたらさすがにまずいぞ、ってことは書けないですしね。

今はあの頃より穏やかな気持ちでいますし自ら人様のとこへ行って宣伝したりはしませんが、流れに身を任せて、B'zephyrがどんなふうになっていくのか、静かに楽しんでいこうと思います。

本当にありがとうございます。
私もtoriさんのブログやTwitter、楽しみにしています!
2. Posted by 管理人tori   2017年02月27日 21:55
nikkaさん

こちらこそありがとうございます!
私、文章を書くのが雑なんですよねぇ。
人様のことを書くんだからもうちょっと丁寧にやれよという感じなんですけど、ほとばしる情熱を抑え切れませんでした。

もう10年以上経っているっていうのがいまだに信じられないというか、時間の流れが早過ぎてビビっています。
自分の記事を読んでいたら2003年前半にnikkaさんを知ったようなので(他人事w)私にとってはもう14年みたいです。ひゃー。

ほんと、記憶っておかしいというか、お互いに思い込んでいたのに事実と違っていたっていうのがおもしろすぎます。
nikkaさんといつからどうやって仲良くなったかも、私あんまりよく覚えていないんですよね…。
それだけ今が充実しているということで(笑)。
blogに残っていたりすると便利ですよね!
できるだけ詳細を残しておいた方が「ああっ」と思い出すというか事実確認ができるなと思います。

流れに身を任せてB'zephyrがどんなところに行きつくのか、私も楽しみです。
CHUBBY GROOVE、まだ歌詞をあんまり消化できていないので、わくわくしながら待っていたいと思います。
CHUBBY GROOVE以外も楽しみです!

この記事にコメントする。


コメントを下さる方、どうもありがとうございます。
現在は全件への返信はお休みしておりますが、
たまに管理人が出没します☆

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔